学校への連絡の文例

学校への連絡を正確に伝達

学校に連絡する場合に使える文例

親から学校に連絡する場合には、事実を正確に伝えることがもっとも大切です。しかし、シンプルすぎで、無礼になりすぎるのは避けなければなりません。そのため、学校へ提出するノートなどには、文例として示すと、最初に「いつもお世話になっております。」と書き、最後に「よろしくお願いします」と書きます。その間に、「~なので、~したいのですが」と用件を書くようにすればよいです。それ以上の時候の挨拶などは不要です。欠席や早退、遅刻の場合には、まず理由をはっきりと書いて、その後で、欠席などの申し出を書くのがよいです。これは電話の場合でも同じです。

学校からの連絡はしっかりと聞く

学校、またクラスからの連絡網として重要な用件などが伝達されることがあります。連絡網を利用してくる場合には、自分だけでなく、そのほかのクラスメイトにも情報を伝達する必要があるため、自分のところに用件がきた場合には、できるだけ早く次の人に伝達をしましょう。先延ばしにして、後から伝達などをすると、忘れてしまい、そこで伝達が止まってしまったり、用件の内容があやふやになり、次の人に正しく伝達されないような事態にもなりかねません。そのようなことが起きないように学校からの用件は、伝達を受けた時点ですぐに次の人に伝達をしましょう。

↑PAGE TOP