学校の連絡網の変化

学校が連絡に使う連絡網

学校の緊急連絡網の使用目的

学校にはクラス単位で連絡網が設定され、各家庭に配布されることが一般的です。行事の変更に伴う連絡、あるいは臨時休校など緊急を要する連絡に使われます。最近は個人情報保護の観点から、各家庭からの情報流出を防ぐために自宅の前後の家庭の番号のみを記載するなどの配慮をしている場合もあります。また保管については細心の注意を払うように注意を促す文言の記載も当たり前となっています。また速達性という観点から、連絡網そのものを廃止してかわりにメールでの一斉通知としている学校もあります。時代によって大きく変わってきていることの一つでしょう。

緊急連絡網のメリットデメリット

学校の緊急連絡網のメリットはいざという時に助かる、災害時に便利などです。運動会のような行事は雨天になると中止の場合があります。その場合に生徒達へ教える手段としては最適です。また、災害時には避難先として体育館などが使われることがあるので、移動をしてほしいと通達する際に非常に便利です。デメリットは緊急連絡網を使った際に、学校の生徒達にきちんと伝わらない場合があることです。昔は固定電話でしたが、今は携帯電話へ緊急の報告などが届くことが増えています。そのため、電話に出られない状況もあるため、情報が届かないことがあります。

↑PAGE TOP